稽留流産

繋留とも書かれますが、正確には稽留です。

赤ちゃんが死んでしまっているのに、子宮の中にとどまっている状態を稽留流産(けいりゅうりゅうざん)と言います。

稽留流産の症状

進行流産と違って、出血や腹痛などの自覚症状がないのが稽留流産の特徴です。胎のうの大きさは正常、もしくは少し小さめで、子宮頚管は普通は閉じています。

赤ちゃんは死んでしまっているのに、その付属物の絨毛や胎のうが少しの間は成長することがあります。そのため病院でも、経過を慎重に診ていくことになります。

稽留流産の兆候

胎児(胎芽)が現れる時期に(妊娠6~7週)になっても「胎児が確認できない」、あるいは「胎児は確認できたが心拍が確認できない」、「1度は確認できた心拍がその後止まってしまった」などがあります。

稽留流産の放置

放置していると必ず進行流産に移行します。強い腹痛と大量の出血をともない、危険な状態に陥る場合もあります。

稽留流産の治療

不全流産と同じように稽留流産が確定したら、子宮内の赤ちゃんや組織を取り除く手術(子宮内容除去術)が必要になります。

稽留流産の手術

子宮頚管が開いていない場合、入院が必要になる事が多いでしょう。局部麻酔や全身麻酔を状況によって使い分けるようです。手術自体は短時間(10分程度)で済むようです。(病院によって多少違います)

稽留流産のケア

腹痛や出血と言った自覚症状が出ないため、医師に稽留流産を告げられても現実を受け止められない人が多いようです。

「何かの間違いでは?」と、違う病院を検診する人も中にはいると聞きます。病院によっても、妊婦さんの気持ちが落ち着くまで、手術をしない場合もあります。






関連イメージ