妊娠初期の流産

流産の確率は15%程度と言われ、100人の妊婦さんがいたら12~20人くらいの人が流産してしまいます。原因のほとんどは染色体異常などの避けられないものであり、決して「あの時無理をしたから」ではありません。

流産の種類と症状

切迫流産

おなかの張りや腹痛、出血といった症状がを合併した状態を切迫流産と言います。何よりの治療は安静です。

進行流産

今まさに流産が進行している状態をいいます。激しい腹痛と出血をともないます。残念ながら妊娠継続は不可能となります。

稽留流産

赤ちゃんが死んでしまっているのに、子宮の中にとどまっている状態をいいます。それなのに痛みや出血がないことがほとんどです。

完全、不全流産

赤ちゃんの組織が全て流れてしまうことを完全流産といい、一部が残ることを不全流産と言います。

習慣流産

連続で2回繰り返す事を反復流産といい、3回以上繰り返す事を習慣流産と言います。

後期流産

妊娠初期を過ぎた、妊娠12週以降22週未満の流産のことを後期(中期)流産と言います。

不育症

妊娠はするけど流産や死産を繰り返し、健康な赤ちゃんを産めないことを不育症といいます。

その他の流産

胞状奇胎、科学的流産、子宮外妊娠などの正常に着床していない、あるいは妊娠が継続できないトラブルもあります。

胞状奇胎体験談

このページは辛い胞状奇胎の体験をされた「みこさん」に、管理人がお願いをして書き残してもらったものです。

よくある質問/流産の知識

このページの知識を簡単にまとめています。全妊娠の15%程度の頻度で起こる決して他人事ではない出来事です。

よくある質問/不安と流産後

辛い手術の知識や、その後の出血や痛み、体調の変化などの「よくある質問」をまとめています。

流産掲示板

ここはとてもデリケートな場所です。利用は、流産と診断される、あるいは経験者の方に限定させていただきます。体験者の悲しみは言葉で表せません。この掲示板が少しでも手助けになりますように・・

あたりまえ

この詩は若き医師がガンの発病によって自分の限られた命を知ったときに、家族へ残した愛の手記です。

主な参考文献

流産

著者:藤井知行
出版社:東京図書

泣きたいときに・・

誕生死
誕生死

11家族が実名で語る小さな小さな命の物語


もういちど会える
もういちど会える

愛する子どもをなくした人へ。「もしも、あの日さえなかったら…」


わたしがあなたを選びました
わたしがあなたを選びました

子どもはみな、愛されるために生まれてくるのです。


飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ
飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ

若き医師が死の直前まで綴った愛の手記





関連イメージ