習慣流産と反復流産

流産を連続して2回繰り返す事を反復流産といい、3回以上繰り返す事を習慣流産と言います。本来流産は染色体異常などが原因で、独立的な出来事として起こります。

実際に流産していない人と、1回経験した人が次の妊娠で流産する確率は15%程度で変わらないようです。ところが2回経験した人が3回目に流産する確率は20〜30%、3回以上経験した人が次に流産する確率は50%と、繰り返すたび確率は上がってしまうのです。

習慣流産の原因と治療

習慣流産の原因と治療については、東京図書が出版している「流産-もう、一人で苦しまないで」-(監修 藤井和行)にとても詳しく載っているので、この本の紹介とともに説明します。(一部引用)

習慣流産の原因

細胞遺伝学的異常

パートナー双方の染色体異常がある場合です。私たちは一見普通に生活していていても、調べてみると染色体異常を持つ人がいるそうです。そして親に染色体異常が見られると赤ちゃんにも発生して流産する確率があがります。

解剖学的異常

子宮奇形

子宮の形が生まれつき問題ある人です。単頸双角子宮、単角子宮、双頸双角子宮、中隔子宮などがあります。

子宮頚管無力症

通常は閉じていなければならない子宮口が開いてしまう病気です。早めに分かっていれば、子宮口を縛って流産を防ぐ事が可能です。

子宮筋腫

できた場所や大きさに強い影響が受けます。粘膜下筋腫、筋層内筋腫ですと子宮内膜に凹凸ができてしまい流産する確率が上がります。

内分泌的異常

甲状腺ホルモン異常、高プロラクチン血症、糖尿病などの内分泌系の病気があると流産しやすくなります。

感染症

クラミジアなどの性病に感染していると子宮収縮や炎症によって流産しやすくなります。

自己免疫異常

本来は体外からの異物を拒否するために作られる抗体が、何故か自分の細胞を攻撃してしまう病気。(抗リン脂質抗体症候群)

同種免疫反応異常

血液型と同じように生まれつき持っている抗原に、HLA(ヒト主要組織適合抗原)というのがあり、夫婦間でHLAが似ているほど流産しやすいと言われている。

原因不明

習慣流産の原因で1番多いものは原因不明で全体の約70%もあるそうです。その場合は「同種免疫反応異常」の治療を行っていくようです。

習慣流産の治療

原因がわかっているときは治療を行っていきます。解剖学的異常は手術、同種免疫反応異常ではリンパ球移植をして、その他の異常は投薬で治療していきます。

また漢方による治療も積極的に使用されているようです。他の治療と併用される事が多いようですが、副作用も報告されているようです。






関連イメージ