Fourth Month of Pregnancy

つわりが鎮静化

妊娠4ヶ月に入ってくると、つわり症状が治まり穏やかになる人が多いでしょう。でも、完全につわりが治まる時期は人それぞれなので12週で治まる人もいれば、15週になってやっと気分が楽になる人もいます。

つわりが鎮静化すると、外出や食事に悩むことも少なくなります。でも、つわりが治まらない時や、それでも「この臭いだけは気分が悪くなる」ということがある時は無理して治す必要はありません。

つわりについて詳しくはこちら→

急に食欲がでてきた

つわりが治まってくると、それまでの反動もあり食事の量が急に増え始めます。ただし、妊娠中は何もしていなくても疲労が溜まります。運動をしていないのにすごくお腹がすくこともあり、今度は食事量に気をつける必要があります。

妊婦の体重増加の内訳は、胎児が3~5kg・羊水が1kg程度です。つまり、何もしなくても赤ちゃんが健康に育つだけで4~6kgは体重増加します。

さらに妊婦らしい体型になるために備わる皮下脂肪で2kg程度増加するのが平均です。妊娠前にふつう体型だった人は、6~8kgは増加することになります。

食欲が出てくると、目安の体重増加量を越えることが多々あります。かといって妊婦に過度なダイエットや激しい運動はご法度です。

BMIは知っている?

つわりが治まったら、体重をはかってください。妊娠前のBMI(肥満度)をチェックしましたか?
妊娠前の体重kg÷(身長m×身長m)=BMIです。

この計算結果で20~24程度だったら8kg増加は大丈夫だと考えます。それ以下の場合は、妊娠前がやせ気味です。24以上の場合は太り気味の場合があるので、それぞれ医師の指導に従った体重管理を目指します。

e-妊娠にもBMIを簡単にチェックできるページがあります→

まだ吐き気がおさまらない

妊娠4ヶ月といっても、12週頃ではまだ、つわりに苦しんでる人も多いでしょう。つわりは人それぞれ。治まる時期も一緒ではありませんが、もう少しの辛抱です。

妊娠4ヶ月になっても、つわりが治まらない人には「まだお腹が大きくなっていないのに休んでばかりで怠け過ぎだ」「妊娠は病気ではないんだから、そんなに安静ばかりとらなくても」と、妊娠に対して理解のない言葉も出てくるころです。

つわり

こうした言葉で無理をして動いて、結果的につわり症状を悪化させないようにしましょう。つわりで苦しむのは妊娠初期に多いことで、妊娠4ヶ月は妊娠初期段階です。流産のリスクは減りますが、まだ無理は禁物です。

1ヶ月後の妊娠5ヶ月に入ると安定期になって、体調も落ち着くことが多く見られます。吐き気が治まらない時は、ゆっくり休んでください。

まだ食欲が出ない

妊娠12週で食欲が出ない時は、沢山食べることを目指すよりも、少量でも栄養のある食事を心掛けてください。

妊娠中の食事

果物が好きな人は、通常は食後のデザートに果物を食べますが、食事の前に少し口に入れてみてください。つわり特有の、口内の不快感がちょっと治まります。

「妊娠中はこうあるべき」というような食事内容は、食欲が出てから考えてみましょう。食欲が出ない今は、自分が少しでも食べたいと思える食事を選んでください。少量でも栄養を摂ることがお腹の赤ちゃんが喜ぶことです。






関連イメージ