便利チェック帳 基礎体温

たばこの影響は妊娠中だけじゃない

たばこと不妊

喫煙者は非喫煙者に比べると不妊症になるリスクが高くなります。たばこの煙は殖機能を低下させ卵子の老化を早め、閉経も数年縮めます。またパートナーが喫煙している場合も受精しにくくなります。精子に染色体異常が現れたり、総精子数、運動精子数、運動率も非喫煙者に比べると低くなります。

妊娠がわかったときのリスク

喫煙者の人が妊娠した場合はすでにリスクを伴っています。たばこの煙の成分は、卵巣の女性ホルモン分泌能力を低下させる働きがあるのです。

  • 胎児の遺伝子異常を高めます。
  • 早産や自然流産の確立が1.5倍ほど増えます。
  • 子宮外妊娠しやすくなります。

出産後子供への影響

たばこの煙

たばこの煙は新生児にも影響します。健康であった乳幼児が何の予兆もなく、突然死んでしまう乳幼児突然死症候群(SIDS)の発生率はたばこの煙によって2倍近くになると言われています。

またたばこの煙は子どもが発達する上でも悪影響をもたらし、次のような病気を引き起こす可能性があります。

慢性のせき慢性のせき
小児肺炎呼吸困難や高熱などの症状
気管支ぜんそくアレルゲンによって気管支が収縮する病気
呼吸器疾患主に呼吸をするための肺の病気
急性下気道感染症細気管支のウイルス感染症
急性気管支炎下気道に急性炎症が起こる病気
気管支喘息気道閉塞による症状を繰り返す病気





関連イメージ