妊娠とたばこ

たばこの誘惑に負けない方法は?たばこが体に悪いことは誰でも知っています。でも赤ちゃんへの影響って知っていますか?わかっていても止められない妊娠中の禁煙方法のカギとはどこにあるのでしょうか。

Smoking During Pregnancy

妊娠中のたばこの影響

たばこ

たばこが母体や胎児に及ぼす影響を説明しています。出産時の胎児の低体重や流産・早産の可能性など気になる事がたくさん。

たばこの影響は妊娠中だけじゃない

喫煙者は非喫煙者に比べると不妊症になるリスクが高くなります。たばこの煙は殖機能を低下させ卵子の老化を早め、閉経も数年縮めます。

女性が避けたい煙草病(もっと詳しく)

煙草病(たばこびょう)は気管支を延焼させたり、呼吸を乱す生活習慣病の総称ですです。妊娠中の喫煙は低体重児や発育の遅れが心配です。

妊娠中に禁煙するコツ

禁煙の壁を知り、赤ちゃんに語りかける「胎教」を取り入れることが、妊娠中に禁煙する「コツ」と言えます。

妊娠中の受動喫煙について

受動喫煙を知っていますか?タバコを吸わなくてもタバコの煙による害が、妊婦の体や胎児に影響してしまうケースがあります。

妊婦の受動喫煙をふせぐコツ

妊婦とお腹の赤ちゃんの受動喫煙を防ぐためには、妊婦だけではなくパートナーや家族の協力が不可欠です。

喫煙と出生体重の関係(topics)

妊娠中に喫煙し続けた母親から生まれた赤ちゃんは、喫煙しない母親の子と比べて出生時の体重が100g以上少ないとわかったそうです。







関連イメージ