通信販売のメリット・デメリット

「e-妊娠」では今までにさまざまな妊娠関連の商品を購入していますが、そこで私たちスタッフがインターネット購入するにあたって気をつけていることを簡単にページにしてみました。通信販売のメリット・デメリットを具体的に挙げます。通信販売では、実際に商品を試す前と、試した後の印象が変わらないことが理想的。感想や口コミは役立ちます。

通信販売のメリット

通信販売で商品を購入する時のメリットを挙げます。何といっても時間を選ばない自由な買い物は便利です。

・時間をかけて探し回る手間が省ける。
・店舗や商品ごとの比較がしやすい。
・深夜でも時間に関係なく買い物できる。
・使用感や口コミが参考になる。
・店員を気にせずじっくり選べる。
・店頭よりも安い価格設定が多い。

通販のメリット

仕事をしていて平日の買い物が店舗の営業時間に間に合わないと欲しいものが手に入れにくかったり、探し回るのも週末の混雑する日ばかりで疲れます。

通信販売の場合は、時間に縛られないから気楽です。深夜でも好きな時に注文できるのがメリットです。

あとは、迷った時に投稿されている口コミを参考にできるのは、現実的で心強いです。店舗だと店員さんに聞くしかありませんが、たいていは良いメリットしかわからないことが多いです。

失敗なく買うために、良い感想だけじゃなくて、買った時には気がつかないけど使ってみたらわかった事なども知りたいです。だから通信販売で購入する時は、良い感想だけでなく、苦情や困ったことがあったという意見も参考にしてください。

例えば画像と実際の色がちょっと違うと感じる時があります。撮影環境と、自分の部屋で見る時の色は一緒とは限りません。

服も照明の当たりかたで、試着室で見た色と、試着室から出て見た色が違うことがあります。そうゆう使用後にしかわからないことをレビューで先に知るのは、かなり安心できます。

そして通販利用者ならチェックしておきたいのが、通販ならではのサービス価格。販売にかかる費用を抑えることで、店舗よりも安い価格設定が多いのも通販の特徴です。つわものは、店舗で確認して通販で安く購入するなんて技も使いわけています。

通信販売のデメリット

・実際に手に取る前に注文。
・色や印象を画像で確認するしかない。
・服は着用感や生地の肌触りがわからない。
・返品、交換の返送が面倒。
・梱包材の片付け処分が面倒。
・食品や飲料は味がわかりにくい。
・すぐに欲しい時に配送が間に合わない場合も。

通販のデメリット

通信販売のデメリットは、画像や商品説明でもった印象と、実際に手元にきて使用した印象の差を感じることです。

もちろん、画像や想像していた印象と同じ商品は沢山あります。でも、なかには「着心地がいい服」と説明書きがあったにも関わらず「実際は袖の伸縮性が低く着にくかった」なんて差が生じることもあるのです。

食料品や飲料の場合は、試食・試飲ができない状況で1袋買ったりセット購入をする冒険があります。食べたり飲んだりして「合わないかも・・」と感じても、開封して食べたり飲んだりしたものは返品できないことが多々あります。これはちょっと損です。

梱包材の片付けも面倒なことがあります。凄く小さな商品だけど箱が大きくて、衝撃緩和のシートが沢山なんて例もあります。

配送面のトラブルも心配です。例えば早急に手に入れたい時、店舗だったらすぐに実物をみて購入できます。でも通販だと急いでも当日に手に入れるのは無理なケースがほとんど。急ぎ配送で翌日配達をお願いする場合は、別途手数料が発生することもあり、逆に手数料ばかりかかってしまいます。

セール品や在庫処分品は特に在庫限りの商品が多いので、返品交換が不可能な場合もあります。お得に購入するぶん、保障されない面があることを知らないと無駄な買い物になってしまいますね。

通販の率直な感想

「e-妊娠」の通信販売利用の率直な感想を紹介します。個人的な感想も含まれますが、通販好きで失敗も成功も経験したので参考にしてください。

カタログ商品は光をばっちり当てた状態かも!?

カタログやネットで商品紹介の画像を見ると鮮やかなのに、実際はそこまで明るくなかったという印象をよく感じます。これは単に照明の問題だと思います。

室内でみた色と、屋外でみた色は同じ色でも印象が変わりますから、通販では購入前に予測しなければいけません。でも、これがけっこう難しい。

アクセサリーやラメ素材は違いが出やすいように思います。「写真では高級感ある光だったけど、実際に使ったら光り輝いていない・・まあ値段相応ってことね」と思ったことがあります。

口コミや感想が1番信頼できる

商品紹介はその商品の良いところや気づいてほしい特化部分が、詳しく説明されています。でも知りたいのはデメリットのほうです。デメリットが解れば、どこまで妥協して安価購入するか、この商品は安心できるのかが解るからです。

私は商品紹介よりも購入者の口コミや感想(レビュー)を必ず読みます。例えば服や靴は「ピチピチだからワンサイズ上を注文すると良い」とか、実際の使用感から的確なアドバイスがあります。

返品交換は面倒で諦めたことも

サイズが合わなかったりイメージと違った場合、返品交換をすれば済むのですが、また返送するのが面倒で泣き寝入りしたことは1回じゃありません。

「1度でも着用したら返品不可」「封を開けたら返品不可」「イメージ違いは個人の都合だから送料負担してください」なんて注意書きは、そうなってからじゃないと読まないこともあり、「安かったし手間やお金をかけるなら諦めよう」と思ったこともあります。

支払方法が多様化して便利

通販は支払方法がとても豊富です。特にラッキーだと感じるのは楽天など、特定のショッピングサイトで貯めたポイントが値引きに使えることです。

沢山ポイントを貯めて、送料無料のキャンペーン期間に貯めたポイントだけで全額支払えたら、現金を出さずに購入できます。だから私はポイントの貯まる通販サイトや会社を選んでいます。

現金払い、カード決済やコンビニ払いも定番です。通販で支払いが面倒だと感じたことはありません。

安く買うなら通販

通販好きとしては値段も魅力です。店舗を構えればそれだけ維持費や経費がかかるので、商品値引き幅が少ないメーカーもあります。

通販は工場から直接配送だったり、倉庫構えの販売だったりするからそのぶん値引き幅が多いケースがほとんど。めったに割引されないブランドが、安価で手に入るのでお得感を感じる買い物が多いです。

ただし店頭ではきれいに包装して可愛いショップ袋に入れてくれますが、通販だとただの段ボールや簡易包装で届きます。ショップ袋が好きな人には、包装が簡易的すぎてガッカリすることもありそうです。

関連記事通信販売で気を付けてほしいこと

お勧めのネット通販サイト楽天市場 / AmazonAmazon