前置胎盤(ぜんちたいばん)

前置胎盤とは、胎盤が子宮頸部(膣と子宮を結ぶ場所)にかぶさる位置にあることです。妊娠初期や中期は、子宮が小さいために前置胎盤になっているケースがほとんどです。前置胎盤のほとんど(約9割)は、子宮の増大により正常な上部の位置に移動していきます。しかしまれに妊娠後期、出産が近づいても胎盤が子宮口をふさいだままのことがあり、この場合には帝王切開になることがほとんどです。

前置胎盤の徴候と症状

前置胎盤は病気ではなく胎盤の位置が子宮口をふさいでしまっている状態です。子宮が大きくなるにつれ、胎盤が引き剥がされるように上部に移動するときに出血を伴う事があります。前置胎盤の症状はこの原因不明の出血ぐらいで、普通は腹痛や違和感を感じません。前置胎盤は超音波検査では発見できない場合が多く、出産予定日近くになっても赤ちゃんが骨盤内に降りてこないと前置胎盤を疑います。

前置胎盤の治療

前置胎盤と診断されても妊娠後期より前に治療することはまずないでしょう。ただし出血が続くときには早産予防のため自宅安静、あるいは経過観察の入院を言い渡されるかもしれません。前置胎盤で一番怖いのは、まだ赤ちゃんが成熟していないのに胎盤が剥がれてしまうこと(常位胎盤早期剥離)です。

そのため早産の可能性があるときには生活や食事の規制、大量出血があるときには輸血、子宮収縮抑制剤、あるいは胎児の成熟を早めるための注射が投与されることもあります。いずれにしても前置胎盤は「少しでも赤ちゃんをママのおなかで過ごさせてやる」ことで深刻な問題を防げるはずです。(妊娠を最低36週まで継続すれば問題なく赤ちゃんを出産できるでしょう)

前置胎盤と関連した妊娠用語

胎盤 子宮頸管 常位胎盤早期剥離 早産 帝王切開 子宮収縮抑制剤

前置胎盤と関連したコンテンツ

2ヶ月/出血の不安 お産のサイン たばこの影響






関連イメージ