前駆陣痛(ぜんくじんつう)

前駆陣痛とは、子宮収縮が起こる間隔が不規則で結局は痛みが消える(分娩に発展しない)陣痛です。痛みの強弱も安定せず陣痛の予行練習、ウォーミングアップとも言われています(偽陣痛ともいう)。前駆陣痛は本物の陣痛の1ヶ月以上前に、あるいはほんの数時間前に起こることもあります。

ほとんどの妊婦さん(とくに初産婦)はこれからくる出産のことを勉強しているでしょう。そして気になるのは出産の始まりについてです。出産の兆候は、陣痛、破水、おしるしがあると聞き、それらに対して過剰意識を持ってしまう人がほとんどです。

実際にはあなたが心配性でも鈍感でも?、前駆陣痛と本物の陣痛を間違えることはまずないでしょう。なぜ妊婦さんを困惑させる前駆陣痛というものが起こるのかはわかりませんが、陣痛らしきものが起こったときには以下の項目をチェックしてみてください。

ただし前駆陣痛が頻繁にあると、本物の陣痛が起こったとに「どうせ偽物だ」と勘違いをしてしまうこともあります。前駆陣痛が頻繁にある人は医師や助産師に子宮口の開き具合を見てもらい、もしものときの対応とその後の指示を確認してください。

前駆陣痛:braxton hicks contractions ブラクストン・ヒックス収縮

前駆陣痛(偽陣痛)の特徴

  • 不規則で一定しない
  • 強くなったり弱くなったり
  • 長くなったり短くなったり
  • 不快感や圧迫感を感じる
  • 姿勢を変えると収まる

本物の陣痛の特徴

  • 徐々に規則的になる
  • 徐々に強く長くなる
  • 少しずつ痛みが広がっていく
  • からだを動かしても痛みが収まらない
  • 他の兆候、おしるしや破水を伴う

陣痛についてはこちらでわかりやすく説明しています

前駆陣痛と関連した妊娠用語

陣痛 おしるし 破水 前期破水

前駆陣痛と関連したコンテンツ

お産top お産のサイン(陣痛)






関連イメージ