子宮内反(しきゅうないはん)

子宮内反とは、子宮の表面が裏返しになってしまう状態を言います。子宮内反の原因はおもに、出産後に子宮内膜から胎盤が剥がれずに、赤ちゃんや臍帯に引っ張られて子宮頸部、あるいは膣へと放出されてしまうことによります。これは靴下を脱ぐときに引っ張られて裏返しになる現象に似ています。

子宮内反の症状では、母体は強い激痛や出血を伴うことがあり大変危険な状態になります。子宮内反の治療は全身麻酔や子宮収縮抑制をかけて、医師の手によって子宮を元の状態に押し戻します。この治療方法で整復できない場合は開腹手術を試みて、経過によっては子宮の全摘出を行う場合もあります。

子宮内反:uterine inversion

子宮内反と関連した妊娠用語

前置胎盤 常位胎盤早期剥離

子宮内反と関連したコンテンツ

お産top






関連イメージ