子宮頸管無力症(しきゅうけいかんむりょくしょう)

子宮頸管無力症とは、大きくなる赤ちゃんや子宮の重さに耐えられず、子宮口が早い時期から緩んでしまう病気です。全妊娠の1~2%の確率で、中期流産の20~25%の原因が子宮頸管無力症といわれています。妊娠中に子宮頸管無力症があらかじめわかっていれば、子宮頸管縫縮術という頸管を糸で縛る手術をすることで治療できます。

赤ちゃんは子宮の中で成長しますが、子宮には1か所だけ出口があります。妊娠中はこの出口は閉じていて、いざ出産の準備が整うと初めて横に伸びて(短くなり)開いていくのです。この出口こそが子宮口(子宮頸管)ですが、まだ妊娠の早い時期に緩んでしまうことを「子宮頸管無力症」といいます。

子宮頸管無力症の原因はもともと子宮頸部が弱い、前回の妊娠で裂傷、過去の子宮頸管の手術などがあげられますが、妊娠中期ごろに子宮収縮も出血もないのに医師から「子宮口が短い」と言われて不安になる妊婦さんも多いでしょう。

いずれにしても子宮頸管無力症は、「子宮頸管縫縮術」という頸管を糸で縛る手術をすることで、ほとんどの場合は流産の危険はなくなります(早産になることはあります)。子宮頸管縫縮術は局部麻酔で膣から行う簡単な手術で、出産予定日が近づくと抜糸をして陣痛を待ちます。

子宮頸管無力症と関連した妊娠用語

子宮頸管 流産 早産 後期流産

子宮頸管無力症と関連したコンテンツ

2ヶ月/妊娠への不安 出産までの気になること






関連イメージ