逆子(さかご)

逆子とは、おなかで胎児の頭が上になっている状態です。出産時になっても赤ちゃんが逆子のままだと、帝王切開になることがあります。通常の赤ちゃんは32~36週くらいで頭位(頭が下の状態)に落ち着くことが多いですが、生まれる数日前まで逆子の赤ちゃんもいます。

逆子の原因

はっきりとはわかっていませんが、以下のものがあると逆子になりやすいと言われています。

  • 多胎妊娠
  • 胎児が小さいか発育が未熟
  • 子宮奇形や子宮筋腫がある
  • 羊水が多すぎたり少なすぎたり
  • 前置胎盤

逆子の治療

逆子の治療は逆子体操(膝胸位)を勧められる場合もあります。ポイントとしては赤ちゃんがクルッと回転すればいいわけで、自然な振動を与えたりいつもと違った(赤ちゃんが動きやすい)ポーズをしてみたりすることです。以下にいくつか効果があるものを記載しますが、いずれにしても逆子体操は医師の指導に従ってください。

丸ウォーキング
適度な振動を与えることで赤ちゃんも動く可能性

丸四つん這い(はいはい)
重力がおへそにかかり羊水と共に赤ちゃんが回転するかも

丸お尻突き出しのポーズ
うつぶせでお尻だけ突き出す。頭側とおなかに重力がかかる

丸足あげ、腰浮かせ
仰向けの体勢で足を壁に当てて腰を浮かせる。ざぶとんなどを腰の下に入れ腰を浮かせる

外回転術手技

外回転術手技(おなかの上から両手で胎児を強制的に回転させる方法)という治療もありますが、リスクがあるためにこちらに関しては積極的ではない医師も多いようです。

別名→骨盤位

逆子と関連した妊娠用語

胎児 帝王切開 多胎妊娠 子宮筋腫 羊水 前置胎盤

逆子と関連したコンテンツ

2ヶ月/妊娠への不安 4ヶ月/赤ちゃん 出産までの気になること 10週






関連イメージ