臍動脈(さいどうみゃく)

臍帯

臍動脈とは、胎児からママの胎盤に老廃物を運ぶ血液(動脈)のことです。反対にママの胎盤から酸素や栄養を運ぶ血液のことを臍静脈(さいじょうみゃく)といいます。

臍動脈は臍帯動脈ともいい、へその緒(臍帯)の中に2本含まれています。臍動脈の役目は赤ちゃんのいらなくなった老廃物をママの胎盤に運ぶこと、静脈で栄養を受け取り、動脈で不要物を戻す、この循環が赤ちゃんのライフラインを支えています。

人間の血管は心臓を中心にして出ていくほうが「動脈」、戻るほうが「静脈」なのですが、胎児と胎盤の関係は逆さまになります。栄養や酸素を運ぶほうが臍静脈、老廃物を運ぶほうが臍動脈です。

丸臍帯についてはこちらで詳しく説明しています→

臍動脈と関連した妊娠用語

臍静脈 臍帯 胎盤

臍動脈と関連したコンテンツ

妊娠4ヶ月






関連イメージ