便利チェック帳 基礎体温

卵管(らんかん)

卵管

卵管とは、子宮と卵巣を結ぶ約10cmほどの管状の臓器のことです。細いところところでは内径が約1mmしかありません。「卵子」は卵巣から卵管の1番広い部分(卵管膨大部:らんかんぼうだいぶ)に排卵されます(右のイラスト)。そしてこの場所で精子と出会うことができれば受精するのです。

受精が成立すると、今度は受精卵が卵管内を戻る形となり、子宮までたどり着くといよいよ着床が始まります。卵管は炎症を起こすこともあり、ここに癒着(組織がくっついてしまうこと)があると、精子や受精卵がうまく移動できずに不妊の原因になります。

なお、よく聞く子宮外妊娠は受精卵が子宮まで戻れずに、卵管に着床してしまうことです(例外もありますがここでは触れません)。この場合は赤ちゃんの育つスペースがありませんのでたいへん危険な状態となり緊急手術などの処置をすることがほとんどです。


卵管と関連した妊娠用語

卵管膨大部 受精 着床 受精卵

卵管と関連したコンテンツ

1ヶ月/赤ちゃんの成長






関連イメージ