出生前診断(しゅっせいまえしんだん)

出生前診断とは、生まれてくる赤ちゃんに異常がないかを妊娠中に調べる検査です。出生前診断を受けても95%以上は異常が見つかることがなく、また最高の設備と医師を備えた病院でも間違った結果が出ることもあります。

リスク要因を持つ妊婦

  • 染色体転座保因者
  • 染色体異常児分娩既住
  • 高齢妊婦(35歳以上)
  • 先天代謝異常保因者
  • 伴性遺伝性疾患保因者
  • 風疹などウイルス感染妊婦

出生前診断の検査内容

  • 絨毛検査 妊娠9~11週
  • 羊水検査 妊娠16~18週
  • 胎児血検査 妊娠18週以降

出生前診断と関連した妊娠用語

高年初産 絨毛 羊水 胎児

出生前診断と関連したコンテンツ

2ヶ月/妊娠への不安






関連イメージ