尿蛋白(にょうたんぱく)

尿蛋白とは、尿中に含まれるアルブミンのことです。腎臓の働きが悪くなると尿の中にタンパク質が漏れてきます。尿蛋白は非妊娠時には1日150mg未満の排出がみられますが、妊娠中には1日260mg未満を正常な範囲としています。

妊娠中の尿蛋白で気になることは「妊娠高血圧症候群」という病気です。尿蛋白が必要以上に排出(1日300mg以上)されてしまうと蛋白尿(尿蛋白とは違う意味)と呼ばれる状態で妊娠高血圧症候群が疑われる場合があります。

妊娠高血圧症候群についてはこちらで説明しています

尿タンパク、尿たんぱく

尿蛋白と関連した妊娠用語

妊娠中毒症 浮腫

尿蛋白と関連したコンテンツ

妊娠4ヶ月 妊娠高血圧症候群 妊娠8ヶ月






関連イメージ