クリステレル圧出法

クリステレル圧出法とは、分娩時に医師や助産師が産婦さんのおなかを手で押すことによって、赤ちゃんがスムーズに産まれてくるように出産の手助けする方法です。クリステレル圧出法では通常、助産師さんが妊婦さんの上にまたがり、赤ちゃんを膣口から押し出そうと力を加えます。

赤ちゃんがもう少しで産まれるとき(排臨:赤ちゃんの頭が膣口から見え隠れする状態)に、産婦さんが疲れていきめなかったり陣痛が微弱だったりすることがあります。クリステレル圧出法はそんなときに赤ちゃんを押し出すような力を加えることで出産の手助けをする方法です。

クリステレル圧出法は1867年にドイツの婦人科医、サミュエル・クリステラーが発表した分娩介助法です。日本ではクリステラーの名前を取り、クリステレル圧出法、クリステレル児頭圧出法、クリステレル胎児圧出法などと呼ぶこともあります。

ただしクリステレル圧出法は常位胎盤早期剥離や子宮頚管破裂などのリスクがあることから、近年ではより安全な鉗子分娩や吸引分娩が行われることが多いようです。

クリステレル圧出法:Kristeller's expression

クリステレル圧出法と関連した妊娠用語

排臨 陣痛 常位胎盤早期剥離 鉗子分娩 吸引分娩

クリステレル圧出法と関連したコンテンツ

お産-第1期 お産-第2期






関連イメージ