くも状血管腫(くもじょうけっかんしゅ)

くも状血管腫とは、盛り上がった発疹を中心に血管が「クモの足」のように浮かび上がることです。血管が拡張、または増殖にすることによって、血管が浮き上がってクモの足のように広がって見えます。

くも状血管腫は「静脈瘤」と似ていますが、静脈瘤は血液が血管に溜まってしまう一種の病的症状なのに対し、くも状血管腫は血管が浮き上がって見える妊娠中の自然な現象です。

妊娠中の「くも状血管腫」はエストロゲンが増加することが原因と考えられ、多くの場合は妊娠初期から中期に発症します。産後にはたいてい目立たなくなるか、消えてしまいます。

血管が網の目状に浮かび上がる→クモの巣状静脈

その他妊娠中の皮膚のトラブルには、手掌紅斑、PUPPP、妊娠性皮膚掻痒症などがあります。

くも状血管腫と関連した妊娠用語

静脈瘤 手掌紅斑 PUPPP

くも状血管腫と関連したコンテンツ

妊娠2ヶ月/母体症状 よくある質問/母体の変化と症状






関連イメージ