後陣痛(こうじんつう)

後陣痛とは、出産後に起こる陣痛によく似た痛みや症状のことで、年配の人たちは「あとばら」と言うこともあるでしょう。後陣痛の痛みは子宮が妊娠前の大きさに戻ろうとする「子宮の収縮」が原因で、この妊娠前の状態に子宮が回復することを医学用語では「子宮復古(しきゅうふっこ)」と呼んできます。

ママが赤ちゃんを出産しても、大きくなった子宮がいきなり妊娠前の大きさに戻るわけではありません。子宮は元のサイズに戻ろうと規則的な収縮を繰り返し、このときに感じる痛みのことを「後陣痛」といいます。

後陣痛は分娩当日から翌日にかけて繰り返し、たいていの場合はだんだんと回数が減ってきて、それに伴い痛みも弱くなるでしょう。後陣痛は出産から3~4日目あたりには治まることがほとんどですが、長い人では1週間続く場合や、また3~4日目に痛みのピークが訪れるケースもあります。

後陣痛は授乳時に感じることが多いかもしれません。これは乳首を吸われることによって「オキシトシン」というホルモンが分泌されるからで、このオキシトシンが子宮の収縮を引き起こします。母乳育児のメリットの1つは、この子宮の回復を早める効果があげられています。

後陣痛は病気ではないので通常は治療を行いません。しかしもし痛みが我慢できない場合は、医師に相談をしてみてください。授乳にも影響がない鎮痛剤が処方されるはずです。

後陣痛と関連した妊娠用語

陣痛 後産

後陣痛と関連したコンテンツ

分娩第3期 授乳の方法、授乳指導






関連イメージ