腹帯(はらおび)

腹帯とは、妊娠中にお腹がぐらぐら動かないように固定するベルトのことです。腹帯をさらに妊婦さん向けに特化した妊婦帯という言葉もほぼ同じように使われます。日本では妊娠5ヶ月目の戌の日に腹帯を巻いて安産祈願のお参りをする特別な習慣があります。腹帯は日本だけの風習で海外ではほとんど見られません。

腹帯にはおなかを固定させる他にも、冷えを予防する、転倒や物にぶつかった衝撃からガードするなどのメリットがあります。腹帯の種類には「さらしタイプ」「腹巻タイプ」「サポートベルトタイプ」「ガードルタイプ」などがあり、マタニティウェアとともに人気の商品のようです。

妊婦帯、腹帯、岩田帯についてはこちらで詳しく説明しています。どんな腹帯がおすすめか、いつから使い出したか、などの腹帯アンケートもあるので参考にしてください。

腹帯と関連したコンテンツ

妊婦帯、腹帯、岩田帯 妊娠5ヶ月 戌の日 前期母親学級






関連イメージ