腹圧性尿失禁(ふくあつせいにょうしっきん)

腹圧性尿失禁とは、笑ったときやくしゃみなど、おなかに力が入ったときに尿が漏れることです。自分の意思とは関係なくおしっこを少量ほど漏らしてしまういわゆる「尿漏れ」のこと。妊娠後期に子宮が膀胱を圧迫しておきやすくなります。

尿失禁はこの腹圧性尿失禁の他に、尿意がいきなり激しく襲ってきてトイレまで我慢が出来ずに漏らしてしまう切迫性尿失禁、からだの不自由が原因の機能性尿失禁などがあります。

妊娠中の腹圧性尿失禁の原因は子宮が膀胱に圧迫されるほか、骨盤の筋肉が体重の増加によってゆるくなることが考えられます。腹圧性尿失禁は「恥ずかしい」という感情から、医師にも相談できず1人で悩んでしまう妊婦さんも多いようです。

腹圧性尿失禁の対策は「妊婦なんだからしかたがない」とある程度は割り切ることも必要です。自分でできる対策としては骨盤底筋肉を強化するトレーニングがあります。骨盤底を鍛えるマタニティヨガで紹介していますが、骨盤底筋肉(尿道肛門を開閉する筋肉)を鍛えることによって改善されるケースがあります。

また出産後に腹圧性尿失禁が発症する場合も多く、出産によって骨盤底がゆるんだり傷ついたりすることが原因と考えられます。よく「出産後は膣がゆるい」なんて言われますが、まさしく骨盤底の筋肉と深く関係があり安産のためのマタニティヨガお産入院中の産褥体操という妊娠~出産時のケアが大切になってきます。

腹圧性尿失禁と関連した妊娠用語

膀胱炎 尿路感染症

腹圧性尿失禁と関連したコンテンツ

妊娠9ヶ月 骨盤底を鍛えるマタニティヨガ お産入院中の産褥体操






関連イメージ