導尿(どうにょう)

導尿とは、尿道にカテーテルと呼ばれるシリコン製のやわらかい管を入れ、おしっこを人為的に出すことです。導尿による痛みはほとんなく、あるとしても尿道にカテーテルを挿入するときに感じるチクッとするような軽い痛みでしょう。

出産のときに膀胱に尿が溜まっていると、陣痛(子宮の収縮)を妨げたり、赤ちゃんが下がってくるのを邪魔することがあります。そのため分娩の最終段階(分娩台に乗ったとき)で医師や助産師の判断により導尿の処置を受けることがあります。

このほか、陣痛が辛くてトイレまで歩けないとき、産後すぐの安静時に尿意を催したとき、帝王切開のあとなどにも導尿の処置を受けることがあります。

また導尿と同様に浣腸を行うこともあります。腸に便が溜まっていると産道が開きにくいことがあり、こちらも分娩の妨げとなるからです(浣腸の場合は入院時に処置されることが多いでしょう)。導尿や浣腸は分娩時には当たり前のように行われる処置なので恥ずかしがることはありません。

導尿の処置が行われるかは関係なく、陣痛促進のためにも自分で歩けるうちはどんどんトイレでおしっこをすることが大切です。陣痛で感覚が麻痺して尿意を感じづらくなっている場合もありますから、入院後は定期的にトイレに行ってみるとよいでしょう。

入院の初期段階でもまれに、尿意を感じているのに赤ちゃんのからだが膀胱を圧迫してうまく排尿できない場合もあります。この場合にも導尿の処置を受けます。

導尿と関連した妊娠用語

カテーテル 会陰切開 陣痛 産道 浣腸

導尿と関連したコンテンツ

お産/第1期 お産/第2期






関連イメージ