大腿骨長(だいたいこっちょう)

大腿骨長とは、赤ちゃんの太ももの骨の長さのことをいいます。大腿骨長を英語で「femur length」といい、超音波検査では略して「FL」と書かれていることが多いでしょう。大腿骨長は人間の体で一番大きな骨で、胎児発育のパラメーターとして利用されます。

大腿骨長が測定できるようになるのは妊娠11週あたりから。大腿骨長と共に児頭大横径(BPD)なども測定することで、赤ちゃんの大きさを予測し出産予定日を割り出していきます。

大腿骨長

*参考図マタニティアセスメントガイドから引用

大腿骨長と関連した妊娠用語

児頭大横経 頭殿長(CRL) 超音波検査

大腿骨長と関連したコンテンツ

6週 11週 5ヶ月/赤ちゃんの成長 8ヶ月/赤ちゃんの成長






関連イメージ