分娩監視装置(ぶんべんかんしそうち)

分娩監視装置(EFM)とは、陣痛曲線と超音波を利用して心拍数、胎動、子宮収縮の状態を調べる装置です。分娩監視モニター、胎児モニター(外測モニター)とも呼んでいます。妊娠後期に分娩監視装置を使って赤ちゃんの心拍や子宮の収縮の状態を調べる方法をノンストレステストといいます。

分娩監視装置はおなかに2つの装置をつけてベルトで固定します。1つは超音波によって胎児の心拍を測定するもので、もう1つは感圧式の測定によって陣痛の強さと持続時間を測ります。測定された値は分娩監視装置のモニターに表示され、また記録紙にプリントされるので赤ちゃんの心拍数や陣痛の状態が一目瞭然になります。

分娩監視装置はかなり古く、1950年代に開発され1960年代から普及しています。分娩監視装置のモニタリングの有効性は証明されておらず、以前は不必要な帝王切開を招くケースもあったようです。現在ではドップラー聴診器との大きな違いもあまりないことがわかっています。

しかし分娩監視装置は、記録紙を残すことによって数値を連続的に観察が可能なこと、客観的に捉えることができること、ハイリスク妊娠の変化に早急に対応が可能なこと、妊婦さんの目にも状態が確認できるなどのメリットがあります。

子宮内圧

子宮口開大4~6cm7~8cm9cm~第2期
平均陣痛40mmHg45mmHg50mmHg
過強陣痛70mmHg以上80mmHg以上55mmHg以上
微弱陣痛10mmHg未満10mmHg未満40mmHg未満

陣痛周期

子宮口開大4~6cm7~8cm9~10cm第2期
平均陣痛3分2分30秒2分2分
過強陣痛1分30秒以内1分以内1分以内1分以内
微弱陣痛6分30秒以上6分以上4分以上初産:4分以上
経産:3分30秒以上

陣痛持続時間

 内測法外測法
子宮口開大子宮口開大とは無関係4~8cm9cm~第2期
平均陣痛50秒70秒60秒
過強陣痛1分30秒以上2分以上1分30秒以上
微弱陣痛30秒以内40秒以内30秒以内

表参考:日本産科婦人科学会

分娩監視装置と関連した妊娠用語

骨盤 陣痛 ノンストレステスト 帝王切開

分娩監視装置と関連したコンテンツ

妊娠10ヶ月 お産/分娩第1期






関連イメージ