バースプラン(ばーすぷらん)

バースプラン(出産計画書)とは、「どんなお産をしたいか」「入院生活をどう過ごすか」というように出産の計画を具体的にたてることです。出産は百人百様のドラマ、医師任せではなく自分の望む出産をしたいということから「バースプラン」という言葉が生まれています。

バースプランを作る目的は望んでいる出産に近づけるだけではなく、医師とのコミュニケーションを深めることにもなります。出産時に医師や助産師、立ち会っている旦那さんがあなたの意見を尊重し、あなたの視点で陣痛を乗り切る手助けをしてくれます。

バースプランは病院の方針で全員に書かされる場合もありますが、そうでなくても自分で作ったって構いません。自分の望むバースプランを紙に書いて、検診のときに医師に見せれば相談にのってくれたり、カルテに入れてくれることもあるでしょう。

バースプランの書き方は何だっていいのです。思いつくものをリストにしてその有無や希望を書いていけばいいのです。

  • 分娩方法(姿勢)
  • 入院日数
  • 陣痛の乗り切り方
  • 立ち会い出産
  • カメラやビデオの使用
  • 点滴、浣腸、剃毛
  • 陣痛誘発
  • 無痛分娩
  • 鉗子分娩や吸引分娩
  • 会陰切開
  • へその緒の切断
  • カンガルーケア
  • 母子同室
  • 家族の面会

ただしバースプランは柔軟性を持たせなければいけません。プラン通りにいかないことがストレスと動揺を生むこともあるので、途中で予定を変更する可能性があることを考えておきます。

e-妊娠では「バースプランをたてましたか?」というアンケートを取りましたが半分くらいの妊婦さんはバースプランという言葉自体をあまりよく知らないようです。

バースプランと関連した妊娠用語

新生児

バースプランと関連したコンテンツ

バースプラン 妊娠6ヶ月 後期母親学級 出産(お産)






関連イメージ