鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)

鉄欠乏性貧血とは、赤血球を作るための鉄分が不足してしまい、「立ちくらみ」、「めまい」などの貧血の症状を起こすことです。妊娠中は赤ちゃんの成長に鉄分を取られるため、また母体自身も赤血球が増殖するために、全妊婦さんの約60%が「鉄欠乏性貧血」になると言います。

妊娠中に、特に鉄欠乏性貧血になりやすいのは、多胎妊娠の人、つわりが酷かった人、短期間に出産を繰り返している人、もともと栄養が足りない人などです。鉄欠乏性貧血については立ちくらみ(貧血)になることはありますか?というアンケートページでも説明しているので参考にしてください。

鉄欠乏性貧血→iron deficiency anemia:IDA

鉄欠乏性貧血と関連した妊娠用語

多胎妊娠 つわり

鉄欠乏性貧血と関連したコンテンツ

3ヶ月/食生活






関連イメージ