初期妊娠因子(しょきにんしんいんし)

初期妊娠因子(Early Pregnancy Factor)とは、受精が成立すると受精卵から母体に分泌される妊娠のサインです。人間の体内には免疫があり、異物を駆除しようとする働きがあります。この初期妊娠因子とは、おなかの中の新しい生命を間違って駆除しないように、母体にサインを送っているものです。

1977年にオーストラリアのモルトン博士が、受精卵が発生されると24時間以内に妊婦の血清中に「初期妊娠因子」というタンパク質が現れることを発見。

初期妊娠因子と関連した妊娠用語

受精 受精卵

初期妊娠因子と関連したコンテンツ

妊娠2週 1ヶ月母体症状






関連イメージ