子宮卵管造影検査

卵管造影検査の体験談はこちら→

hysterosalpingography

子宮卵管造影検査(HSG)とは、子宮腔や卵管をX線で撮影することによって、それらに異常がないかを確かめる検査です。

造影剤を子宮腔内に注入していき、腹腔内に流れる具合をX線で撮影します。子宮卵管造影検査は痛みを伴うという口コミが必要以上に広まり、また体験談も他のものと比べると多いのが特徴です。

子宮卵管造影検査の後には3ヶ月、あるいは6ヶ月ぐらいのあいだ妊娠率があがります(ゴールデン期間)。

これは詰まった卵管の汚れを取るため、卵管を拡張するため、造影剤のヨードが何かしらに影響するためと言われています。子宮卵管造影は不妊の6大検査に含まれるほど重要なものです。

卵管造影検査検査で使われる造影剤には油性と水溶性があり、油性の場合は次の日に造影剤拡散(腹腔内)の検査のためもう1枚X線を撮影することがあります。

このページを読まれている方はこれから「子宮卵管造影検査」を受けようとしている人がほとんどでしょう。実際の体験談には「本当に痛い」と感じる人もいれば「我慢できない痛みじゃない」と報告する人もいます。

当サイトからの助言としては、恐怖心が痛みを産み出すことがあるということです。必要以上に体を緊張させることで、器具の挿入がうまくいかないときがあります。