妊娠中の光老化の予防

紫外線による光老化という肌ダメージを知っていますか?紫外線を浴びると日焼けだけではなく、シミや肌の老化現象がおこります。特に肌が過敏な妊娠中に気をつけるポイントを簡単にまとめています。

光老化(ひかりろうか)とは?

光老化とは、紫外線を浴びることが原因でおきる肌の老化やダメージのことです。

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、紫外線をあびて日焼けしているときに同時進行で進んでしまう症状だと考えてください。

紫外線を浴びて日焼けを沢山していると肌に潤いやツヤが見られなくなることもあります。これが紫外線による肌の老化で、光老化現象です。

特に紫外線A波(UVA)が光老化を進めてしまうと考えられています。

光老化の症状

光老化で目立つ症状は、シミ・シワ・肌のたるみといった加齢を感じさせるような変化です。紫外線を少し浴びただけでは、このような変化は現れないので長期間の紫外線を浴びた結果ともいえます。

光老化

また、紫外線を浴び続けた肌は表面からは、潤いが消えていきます。潤い不足になった肌は触ったかんじもカサカサしています。日焼けをしすぎたときも同じようなカサカサ感があります。カサカサ乾燥した肌からは、肌の弾力も感じにくくなります。

肌の色も紫外線の影響で、白みが減ります。どちらかというと黄みの強い肌色に変化していきます。

光老化の症状は、人によって目立つところが違いますが、どれも肌本来のもっている明るい色やみずみずしさが足りない印象を与えてしまいます。

年齢関係なく肌が衰える

光老化の症状だけを見ると、どれも加齢によって現れる症状に似ています。

でも、光老化が原因の場合、このような肌の老化現象が現れる年齢に制限はありません。つまり光老化の症状がでる条件が揃ってしまえば、20代でも30代でも肌が衰えてしまうのです。

例えば、Aさんは幼少期からずっと日焼けに対するケアや予防をせず、10代も同じように紫外線を浴び続けていたとします。

いっぽうBさんは、幼少期から紫外線予防をずっと継続して、日焼けのアフターケアも気を配っていたとします。

AさんとBさんでは、紫外線をあびる量が異なることと、紫外線を浴びた後のケアが異なります。Bさんは紫外線の影響を最小限に抑えることができたとして、Aさんはただただ紫外線を浴び続けているので肌へのダメージはかなり大きいです。

もしも光老化が始まるなら、AさんはBさんよりも速く光老化現象が進み、症状も大きくなりがちだとわかります。

年齢ではなく、「どれだけ紫外線を浴びて、影響を受けているのか」が問題なのです。

妊娠中の光老化対策

妊娠中はシミやソバカスが現れやすく、注意しないとすぐに肌荒れする人も多いので光老化をすすめないように気をつけてください。

日焼け止めを塗る習慣

妊娠中は「これ以上、紫外線を浴びないこと」を目標に日焼け止めを習慣づけてください。

外出時はメイクもするので紫外線対策が比較的できています。油断しがちなのが洗濯ものを干すときや、玄関先の掃除をするときなど家庭にいながら紫外線を浴びるときです。

ちょっと面倒ですが、洗濯ものを干す場所は日当たりのよい場所が多いので、紫外線を浴びないように薄手のシャツを羽織ったりして肌露出を控えてください。

ちなみに日本独自の表示で紫外線A波をどれだけ予防きるのかを「PA値」で表わしています。PAのあとに「+」が多いほど、紫外線A波のカット効果が高いのでおすすめです。

ツバのある帽子

紫外線対策

妊娠中は日傘で片手を塞ぐよりも、ツバのある帽子をかぶったほうが両手があいて安全な場合もあります。

特にお腹が大きくなってからは、バランスをとれずにふらついたり、転倒しそうになることもあるので、できれば両手を空けておきたいです。

首元までカバーするには、女優帽のようにツバが広がっているタイプが安心です。

でもデザインばかり気にして、前が見えにくいと危険です。購入前に周囲が見えるように被ることができるか、確認してください。

睡眠のゴールデンタイムを確保

睡眠中は脳が休息をとり、脳下垂体(のうかすいたい)からは肌のダメージを補修する成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは、その日の肌ダメージを修復するように働き掛けるのですが睡眠中にしか分泌されず、起きていると分泌されないそうです。だから成長ホルモンが分泌する時間帯には睡眠をとることをおすすめします。

成長ホルモンが多く分泌・活動する睡眠のゴールデンタイムは夜10時~午前2時です。

紫外線を通しにくい色

紫外線を通しにくい色を全体的に選ぶことも考えてみましょう。黒は熱を通すので、夏には暑いイメージがありますが、実は紫外線を通しにくい色でもあります。

妊娠中に光老化がはじまると

もしも妊娠中に光老化が始まると、その後の肌ケアが大変です。

光老化は、加齢による肌老化と違って、肌の奥で紫外線を吸収するメラノサイトを増殖させてしまいます。ということは、今後メラノサイトに紫外線が到達すると今まで以上にメラニン生成が多くなってしまいます。

そうなると、すぐにシミの予備軍が角質層に溜まりはじめて、やがて茶褐色のシミとなって肌表面に現れます。産後もホルモンバランスが安定しないと、シミを定着させてしまいます。

すでに日焼けをしてしまった妊婦さんや、シミの出てしまった妊婦さんには痛い話かもしれません。でも諦めないでください。逆に考えたら、紫外線を予防スレな光老化の進行は食い止められるのです。だから妊娠中も、さぼらず紫外線対策を頑張りましょう!





関連イメージ