サプリメントのメリット

妊婦に必要な栄養素をサプリメントで摂取する場合の便利な8つのメリットについてえました。妊娠中の栄養摂取は量を守って、定期的に継続することが効果に繋がります。

簡単に栄養摂取

妊婦のサプリメント

妊婦が摂取したい栄養素を決めたら、先ずどんな食品に含まれているかを探す必要があります。それも、せっかく食べるのですから妊婦の体に有効な食品ではないといけません。

サプリメントなら小さな1粒で簡単に栄養素が摂取できます。

妊娠中の栄養素について調べていくと、それぞれの栄養素の必要量や効果がまったく同じではないことがわかります。

自分に適した必要量を把握して、栄養管理をしていくのです。これは料理好きでも大変なことです。

そう考えたら、サプリメントでその栄養を摂取するのは計算も簡単、探す時間も短縮されて簡単なのです。

新鮮だけど長持ち

妊娠中に栄養管理を継続することも考えると、食品は普段から手に入れやすい価格で、無駄なく消費できるものでないと損してしまいます。

例えば野菜の中には、食べにくいけれど栄養満点といった食品が数多くあります。せっかく買っても沢山食べることができず、新鮮味が落ちていくと意味がありません。

サプリメントの場合は、新鮮な栄養状態をそのままに、生ものよりも長持ちする特徴があります。

調理しないで済む

妊娠中に必要な栄養素を摂取しようと思ったら、まずは食品探し。次にどうやって食べると効果的かを調べます。

栄養素は生で食べると効果的なものから、加熱のほうが効果的なものまで様々です。食品と調理方法によっては大切な栄養成分が水に溶けてしまい、食品を食べても栄養が逃げてしまっていることもあります。

妊娠中は妊婦と赤ちゃんのために確実に栄養素を吸収したいので、調理方法を間違えたくはないのです。その点、サプリメントなら調理の必要はないので間違いなく、栄養が体に吸収されます。

1日の必要量がすぐわかる

妊婦の体に吸収させたい栄養素の1日の必要量を摂取しようと思ったら、その食品をどれだけ食べるべきかは栄養素や食品によって様々です。

毎日食材とにらめっこして、どれだけ調理するのか決めていくと、意外と同じ食品ばかり、同じ調理方法ばかりが続きがちです。

サプリメントの場合は、栄養素のバランスが最良の状態で保たれています。1粒で1日の必要量のどの程度が吸収できるのか、初心者でも確実にわかります。

つわり中も不快感が少ない

サプリメントは小さくて、水で飲みこむだけでは無味無臭がほとんどです。試しに飲みこまずにかじった時、中身が食品同様の酸味や味に感じられることもありますが、それを感じないように飲みこめる作りになっているのです。

つわり中は、ごはんの湯気や美味しいにおいまで不快感の原因になってしまいます。短期間ですが、妊娠初期はお腹の赤ちゃんの臓器が形成され始めるとても大切な時期でもあります。

妊娠初期の赤ちゃんの成長幅を、つわりが原因で逃がしてしまうのは残念です。サプリメントでしっかり妊娠初期に必要な栄養を確保すれば、たくさん食べることができなくても、赤ちゃんの成長をサポートできます。

費用がわかって経済的

サプリメントは1日の量や、1回の量が定められています。だから1ヶ月にどれだけ費用がかかるのかわかるのも、選びやすい利点です。

妊娠中は赤ちゃんの成長のために、より良質で確実な栄養補給が理想です。そうはいっても、予算も限られると食材選びも妥協せざるを得ないことがあります。

サプリメントの場合は、「何日間でこの値段」といったように、費用が確認できます。必要なものを必要なだけ用意したい、無駄のない計画で経済的です。

手にいれやすい

妊娠中はウイルス感染をさけて人ごみの多い場所を控えたり、天候で予定をかえることもしばしばあります。

サプリメントも、せっかく気にっても手にいれにくいと、手元になくなったときに補充できず、いつの間にかやめてしまいます。

人気のあるサプリメントはスーパーや薬局、インターネットなどで通信販売で手に入れることができます。活用すれば、「変えなくて継続できなかった」という諦めもなくなります。

携帯できるサイズ

サプリメントの利点は持ち運びしやすいサイズと保存性です。例えば、なかなか自宅にいない人でも継続できるように専用ケースに入れて持ち運べるのです。

妊娠中は両手がふさがると、転倒時にお腹を守れず不安です。小さなピルケースに入ってしまうサプリメントなら、いつも携帯できて「持っていて危険、邪魔だ」とはなりません。

カロリー制限中でも安心

全ての妊婦さんに当てはまるわけではありませんが、妊娠中は体重管理が大変です。

いくら妊婦に有益な栄養摂取といっても、体重が増えすぎることで脂肪がつきすぎて産道が広がりにくくなったり、妊娠中毒など妊娠継続に問題が生じるトラブルも招きかねません。

でも、カロリーに過敏になるほどストレスがたまり、栄養管理が嫌になったり、食生活が適当になりがちです。

サプリメントの場合は、栄養摂取を目的としているので1粒のカロリーは高くなりません。体重管理中でも食生活に影響なく、妊婦に必要な栄養素をピックアップできます。





関連イメージ