不妊治療を受けた病院のタイプ


不妊治療を受けている病院のタイプをお聞きしたアンケートです。当サイトでは不妊治療専門の施設をお勧めしていますが、どの種類の病院でもメリットデメリットがあります。また病院の種類よりも「あなたにとってよい病院(医師)か?」ということが重要になってきます。

不妊治療専門の病院

もともと大きな病院で不妊治療をしていた医師が、個人で開業したつくった病院がほとんどです。よいところは専門の知識があり高度な不妊治療にも対応してることです。いろいろな治療選択が可能ということは「1人1人に合った治療」ができるということなのです。

また病院に来る患者さんがみんな「妊娠を望んでいる」ということも、共感できて勇気づけられます。当サイトにも届コウノトリまで不妊期間中のストレスなどの投稿コンテンツがありますが、「同じように頑張っている仲間がいる」と思うだけで気持ちが楽になることがあります。

不妊治療専門の病院の短所は、ほかの病院に比べると治療費用が割高な傾向があることです。また治療を急ぐ傾向もあります。妊娠が目的なのですから当然とはいえ、患者さんの考えたペースよりも早く治療が進んでしまうことがあるようです。

産婦人科医院、病院

お産を主に扱っている産婦人科病院。アットホームな雰囲気の病院が多く、患者さんの話をよく聞いてくれるのが長所です。お産までずっと同じ先生が担当してくれるので安心感もあるでしょう。

短所は不妊治療に特化していないために、充分な設備が整っていないことです。不妊の6大検査などの1部の検査が受けられないこともあり、腹腔鏡手術などの外科治療もほとんどできません。

治療もマンネリ化することが多く、なかなかステップアップをしない傾向があります。妊婦さんと同じ待合室で待たされることが多く、精神的につらい思いをすることがあります。しかし自分のペースで医師と相談しながらゆっくり取り組めるので、のんびりしたい人にはお勧めの病院と言えます。

総合病院、大学病院

たくさんの科が連携している大病院です。設備が充実していて、いろいろな検査をするのが得意です。妊娠できない原因を追究して合理的に治療をしていく傾向があります。また治療費用がほかの病院と比べると安く設定されているのも長所です。

短所は患者さんが多いためにあまり話を聞いてもらえないことです。医師に質問しづらい雰囲気があり、「待ち時間が長いのに診察は3分」なんてこともあります。またどこか流れ作業的で、診察のたびに医師が違うなんてこともあるでしょう。



データ館サイトマップ



関連イメージ