妊娠中、マタニティブルーがありましたか?


アンケートによると半数近くの人が妊娠中にマタニティーブルーを経験されているようです。

マタニティーブルー原因はホルモンの影響と言われています。 症状としてはストレスを感じたり、安眠できなかったり、気分の落ち込み、 赤ちゃんに対する不安、戸惑いなどを感じることがあるでしょう。高血圧になったり免疫力が弱ったりすることもあります。

マタニティーブルーは妊娠中だけではなく、産後に感じる人も多いでしょう。出産によりホルモンのバランスは急激に変わります。出産後はエストロゲン、プロゲステロンの分泌が急激に低下するためです。

出産後には赤ちゃんのお世話も始まり睡眠不足にもなるでしょう。 落ち着かなかったり、不安を感じたり、悲しくなったり、涙もろくなったり、怒りっぽいなど 情緒不安定になることもありますが、すべては一時的なことです。焦らず自然に家族にも協力してもらいながらゆったりとした気持ちで体を回復させていくことです。

しかしながら感受性は人によって違います。 ひどくなり産後うつ病になってしまう人もいるかもしれません。 安心して子育てできる環境をつくることが大切です。 色々な悩みや心配事を相談できる家族、友人、医療者などを出産の前から見つけておくと安心です。

関連:
マタニティブルー 妊娠中のうつ病 巣篭もり本能



データ館サイトマップ



関連イメージ