便利チェック帳 基礎体温

セックスは義務的と感じましたか?


「セックスを義務的とは感じなかった」が、全体の40%を占め、1番多い回答数になりました。しかし「夫婦どちらかでも義務的と感じたか?」と言い換えれた質問をすれば、半数以上の夫婦が、義務的と感じていたようです。

よく各投稿、掲示板などでは、「旦那さんが排卵日に協力をしない」という意見がありますが、今回のアンケートでは「夫(だけ)が義務的と感じてたようだ」は、7.7%にとどまっています。

つまり女性だって気乗りしないことはいくらでもあるけど、「排卵日にはどうしてもタイミングを取りたい」という強い思いが見受けられます。一般的に赤ちゃんを望む思いは女性のほうが強いといわれていますが、まさにそれが当てはまる結果かもしれません。

実際にはこのアンケートは女性側の一方的な意見です。もし男性側に聞いてみた場合、回答数字が変わる可能性もありそうです。はたしてあなたの旦那さんは仲良しについてどう考えているでしょうか?

生活環境、性交痛

仲良しが義務的と感じる多くの場合は生活環境に影響を受けているようです。とくに仕事が忙しく、あわただしい生活を送っている夫婦は、平日(仕事がある日)にタイミングを取ることが大変でしょう。

時間が足りないことから、ムード作りどころではなく、それこそ射精目的の義務的な仲良しとなってしまうかもしれません。休日が多い月に妊娠率が上がるというデータがありますが、それは当然のことなのでしょうか。

また仕事のストレスや仲良しに気乗りしない、などの影響から、「うまく射精ができない」と悩む夫婦も多いようです。実際に不妊原因で急上昇しているのが、ED(勃起不全)というデータがあります。

また参考書などには書かれることが少ないのですが、女性の性交痛で悩まれている夫婦もいます。この場合もムードが作りにくいばかりか、うまくタイミングが取れないこともあるようです。

仲良しが義務的になってしまうのは必然的で、医師にタイミングを指導されても、まずは射精ができるかが問題となってしまいます。医師に相談がしにくい悩みなこともストレスを溜める原因です。



データ館サイトマップ



関連イメージ