漢方とは何?

漢方薬は不妊症を始め、さまざまな婦人科系の症状にも効果があると言われています。しかし漢方薬は「ぐつぐつ煮ながら煎じてつくる」「とても値段が高い」と思っている人も多いようです。

漢方は薬

すべての漢方薬は植物や鉱物などのいくつかの生薬を配合させた合剤です。ですので、その中の1つの成分が何かの症状に効くのではなく、いくつもの成分が重なり合って効果を発揮しています。

漢方と西洋医学との違い

西洋医学(現代医学)では悪いところに直接に働きかける治療をしていきます。「この症状ならこの薬」と決まっていることが多く、処方される薬もマニュアル化されています。

それに比べ漢方薬は個人の体質の特徴をとらえて、からだの中身から改善していこうとするものです。他人と同じ症状でも同じ薬が効き目があるとは限りません。また1つの漢方薬でいくつもの症状に有効な場合があります。

漢方薬とサプリメントとの違い

漢方薬は薬であり、医学的な意味合いを持っています。サプリメントはその名の通り「栄養補助食品」であり、あくまでも食品の1つなのです。

漢方薬の効果

漢方薬は効く人には驚くような効果があります。「全身のひずみを整え、からだに抵抗力をつけていく」と言う考え方なので、ある程度の長い期間で効果を期待する必要があります。

漢方で期待できる効果

ホルモンバランスを整え、からだの中身から若々しくなることです。

  • 冷え性
  • 生理不順
  • 生理痛
  • 便秘
  • 肌荒れ
  • うつ状態
  • 不妊体質改善

漢方で期待できないもの

子宮奇形や卵管異常、子宮後屈などの「何かの形の異常」には効果が期待できません。またクラミジアやカンジダ膣炎などのように「理由がある症状」には抗生物質が有効で確実です。

漢方薬と服作用

誤解している人も多いのですが、漢方薬にも服作用があります。西洋薬に比べると服作用は少ないですが、発疹、かゆみ、下痢、腹痛、胃もたれなど症状が出たときは、ただちに服用をやめて医師に相談すること大切です。

病院で処方される漢方薬

漢方薬を医師に処方される場合は、西洋医学の補助として使われます。例えばクロミッドと一緒に漢方薬を併用することで、冷えを改善しながら排卵を促進する。あるいはクロミッドを飲む期間の前に漢方を飲むことで、体調を整え排卵誘発剤の副作用を軽減できるなどの相乗効果を期待します。

漢方薬は医師の処方を

漢方薬は医師に処方してもらうと健康保険が適応(例外もあり)されます。また病院で処方される漢方薬と市販の漢方薬では、含まれている成分量が違います。

市販の漢方薬は有効成分量が低く、効果が低い場合があります。薬である以上医師の指導のもとに服用することが安心です。

漢方をもっと詳しく→






関連イメージ