出産報告 チサトさん

顔
名前 チサト
ねんれい 25
結婚期間 4年
出産日 2月13日
出生時間 08:07
性別 男の子
体重 3408グラム
出産時の妊娠週数
40w4d
本格的な陣痛から子宮口全開まで
約5時間

出産を目前に迎えて

一人目(女の子3180グラム)が予定日一週間超過で、先生にぐりぐりと子宮を広げてもらい、その日の23時から翌日15時半の長丁場でした。

二人目(男の子3462グラム)が予定日一日超過で、予定日の23時頃におしるしがあり、翌朝8時頃から12時頃までと約5時間のスピード出産でした。

今回で三人目だから、早く生まれるかなと思いきや、予定日を過ぎてもなかなか出てくる気配なし。予定日前後あわせて一週間ほど仕事を休んでくれた実父のまだかまだかという期待に応えられず、なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

お産までの流れ

予定日を3日ほど過ぎた頃、なかなか寝たがらない二番目を寝かしつけるために階段昇降を繰り返した夜に異変に気がつきました。とはいっても、どうせまた前駆陣痛だろうと高をくくって、痛みに耐えながら眠っていた私…疲れていたせいかすんなりと痛みと痛みの合間に就寝していました。

しかし3時半を過ぎ、なかなか痛みが引かないし取りあえずトイレと思い、痛みに耐えながら便器に座るとショーツに大量のおりものが……。パンツ替えなきゃ気持ち悪いなとか呑気に考えていたのですが、実はそれがおしるしでトイレットペーパーに生理より少なめの血が付いていました。

ここでやっと本物の陣痛だと気がつき、陣痛の間隔を計ることにしました。5・6分間隔になったら病院かなと、時間を計りながらまさかの就寝。私バカか。気がついたら5時を過ぎており、陣痛も辛い。けど私は眠い。うとうと痛みと戦い、間隔は10分8分10分5分5分7分とばらばら。

私が寝ぼけていたのだろうかわからなかったので、とりあえず病院に電話して実母に連れて行ってもらいました。病院到着は6時過ぎだったかな。母親は上の二人が家にいたので帰宅しました。

分娩時の様子

二階まで階段で歩き、横になってと連れてかれたベッドで見てもらうとまさかの全開でした。痛いわけだよとか考えながらもひーひー言っていた私は本当にバカだったようで、おしるしと思っていた大量のおりものが実は軽い破水だったことが発覚しました。まじかよ。

分娩室行くよと歩かされ分娩台に乗ったのが7時前くらいで、それからが長い。気持ち的に。胎児の心音とかお腹の張りとかみるあの機械をつけられたはいいが、しばらくして助産師さんに「あれ?動いてなかった。間隔何分くらい?」とか聞かれました。そんなところじゃなかった私はひーひーしながら「わかりません」と答えることしか出来ませんでした。

しかし看護士さんも助産師さんも機械セットし「お腹の痛みがお尻に来たらナースコール押してね」と別室へ。見てくれねえのかよ。痛い痛いと陣痛と戦いながら、お尻に痛みがくるという感覚がわからず何度かナースコール押したら最終的に「まだだよ」と奥で会話する声が…。

シカトか。と思いつつ、ナースコールし過ぎたらしい自分に反省しました。忙しいのは分かってるけど、こっちだって辛いんだよ。本当に泣きたかった。

なかなか破水しないので、人工破水してもらいましたが、やはりお腹の痛みとお尻ね痛みがわからない。こうなりゃぎりぎりまで耐えてやろうと、さっきまでとはまた違う必死なひーひー声を出しながら陣痛と格闘。

2・3度助産師さんが見てくれましたが「まだだね。お尻に痛みが来たら呼んでね」そう残してまたどこかへ。初産の時はみんなあんなに親切だったのだが、三人目ともなるとなんとも…。

それから陣痛を耐えに耐え8時頃あんまりにもひーひー言う私に助産師さんが寄ってきて、見てもらったら「もうここまで来てた?一気に来たわ」と慌てて先生に連絡。

やっといきめるのかとふうっと力を入れたら看護士さんたちが「もういいよいきまないで!」とまさかのナースストップ。えええこれからだよ生みたいよまた耐えんのかよともう無理生みたい生ませてくれが頭の中でごちゃごちゃに。

ちょっといきんだら、頭が出そうになり看護士さんが慌てて「だめだめ力抜いて目を開けて深呼吸!手離して胸に!」と、を押し込んだからびっくりしました。

生ませてくれ。もう早く生ませてくれと涙を飲んで我慢していたらやっと先生が到着し、それでもやはり力抜いてねしか言われない。ぐぐっと出しちゃいたいけど、ゆっくりねゆっくりねしか言われない。

先生の優しい声に促されながらゆっくり呼吸して力を抜いて目を開けてゆっくりゆっくり泣きながら耐えていたらスポンと下腹部が楽になり、元気な産声が私の耳に。やっと生まれたーと疲れ切っていた私の体はもう疲れ果ててぷるぷるしてました

「あら、おしっこしたわ。二回した。」と助産師さん。どうやら三番目の息子は出てきてすぐにやらかしたらしい。3408グラムだったらしいけど、普段抱いてる子供に比べたらもう小さくて小さくてかわいいったらない。

すぐに連れてかれて胎盤抜いたりしたけど、出産ほど痛くなかったのではぁーっと深呼吸しながらみてもらいました。上二人のときは会陰切開しましたが、今回はなし。切らなくてよかったとその時は思ってました。

だがしかし、トイレに行ってみてあまりの痛さにひいいっ!どうやら切らなかったけれど赤ちゃんが通るために伸びに伸ばされた皮膚がこうかさぶたまでは行かないが擦り傷みたいに赤くなっているらしい。ドーナツな座布団は使わなくてすんでいるけど、トイレは少し怖い。早く直れ。

後陣痛も在りましたが、出産の痛みに比べたらなんてことない。あのいきみたくてたまらなかったけどいきませてもらえなかった辛さに比べればなんてことはない。と、私は思います。

生まれた瞬間の気持ち

なかなかいきませてもらえなかったし、いきんだのもほんの一瞬だったのが辛かった。前はもっとこういきませてくれていたのだが、今は生ませ方が違うのだろうか。まあ、そこそこの産院で違いはあるだろうが、今回の出産も辛かった。

けど、あのスポンと出てきてくれたときはもう、はぁー出たーと本当にすっきりした気分でした。赤ちゃん可愛いし。

余談ですが、私の病室に先に来ていた実母と上の子二人が赤ちゃんと触れ合っていて、病室に移動したとたん(産後2時間)11キロの子供を抱いて歩く羽目に…。

腹が痛いとかそんなん言って休む間がなかった。まあ、まだまだ小さいし仕方ないよね。と甘やかし、保育園に連れてってもらってからゆっくりと眠らせて頂きました。

出産後の生活

実家に里帰りしているので、私よりも周りの家族が大変になるだろうなと思います。意見が合わないことも多々ありますが、私は世話になっている身なので、何か言われるとそうだよねごめんねわかったと私が折れます。

嫌なら出て行くしかないけど、まだもうちょっと体が落ち着くまで世話になりたい。私の我が儘なので、そこはもうひたすら我慢ですね。

実際に出産してみて

可愛かった!本当につらかったけど、生まれてくる子供は可愛くて仕方がない!生んだ瞬間、今が一番幸せだと思いました。






関連イメージ