◇投稿も募集中書き込み

出産報告 あきさん

顔
名前 あき
ねんれい 34
結婚期間 3年
出産日 10月20日
出生時間 午後21時15分
性別 男の子
体重 3260g
出産時の妊娠週数
39w1d
本格的な陣痛から子宮口全開まで
5時間15分

出産を目前に迎えて

今回は2人目の出産でした。1人目は24時間以上、陣痛で苦しみました。全く理性をなくしてしまったように痛みのため大声を一晩中あげつづけました。

1日すぎで子宮口が全開になっても頭が恥骨に引っかかって出てこれず、最後は吸引分娩で出産しました。

出産して赤ちゃんの顔を見たら陣痛の痛みは忘れるよなんて言われてますが、かなりのトラウマになってしまいました。子供はとてもかわいいのですが。

2人目の妊娠が分かってから出産が怖くて、10ヶ月目は不安でいっぱいでした。

お産までの流れ

お腹の張りはずっと感じていましたが、午後3時頃からいつもと違う生理痛のひどい痛みを感じました。

おかしいなと思ったときには間隔は5分から7分毎でしたが、激痛ではなかったので痛みのないときに上の子のおやつをあげたり、洗濯物をたたんだりしていました。

午後4時半頃、痛みの間隔が5分弱になってきたので旦那さんに連絡しました。入院の準備を再確認しながら旦那さんの帰宅を待ち、午後5時に病院へ連絡して午後6時に入院になりました。

分娩時の様子

入院してからの診察で子宮口4cmでした。陣痛は3から4分間隔でしたが、不思議とお腹がすいており配膳された夕飯を食べることができました。

立ち会い分娩を希望でしたが、上の子がいつもと違う環境のためかぐずり始めてしまい、旦那さんと帰宅…。不安の中、1人でお産をむかえることになりました。

旦那さんが帰宅した直後から陣痛が強くなり、助産師さんの診察でグリグリされた後子宮口6cmとなったため分娩台へ19時50分頃に歩いて移動。

そこからはずっと助産師さんが付き添ってくださり陣痛は耐えられない痛みに変わっていきました。21時に子宮口全開大、21時15分に産まれました。

途中で辛くて痛みの恐怖から足を閉じて逃げようとしてしまいましてが、力強い助産師さんの励ましでいきんで出産できました。入院してから3時間ちょっとの出来事でした。

生まれた瞬間の気持ち

あれよあれよというまに陣痛がすすみ、もうすぐ産まれるよの助産師さんや先生の言葉に「本当に?」と何度も聞いてしまいました(笑)

あっというますぎて赤ちゃんを抱っこした後も実感がわきませんが、赤ちゃんはかわいすぎます。





関連イメージ