乳腺炎

乳腺炎は母乳がつまってしまう病気

乳腺炎はよくおっぱいがよく出る人でも、あまり出ない人でも起こります。母乳は次々作られてるのに乳腺が詰まっておっぱいの中に溜まってしまうのです。

乳腺炎になってしまうとおっぱいがカチカチになり炎症を引き起こし痛みや発熱を起こしたりします。

乳腺炎になってしまったら

おっぱいは熱を持っていますから体を温めることはいけません。お風呂に浸かったり温かい飲み物は控えなければいけません。

そして高カロリー食は厳禁です。血液がどろどろになってしまうような事はいけないという事ですね。

対処法

一番いい方法は赤ちゃんによく飲んでもらう事です。一方向からではなくいろんな角度で飲んでもらうと、詰まった箇所が開く場合もあります。

また詰まったおっぱいでも体に悪くはありません。乳腺炎のおっぱいは出が悪い上に味がまずく飲んでくれない場合がほとんどです。しかし放っておくと症状がされに悪化し乳腺を切る手術をしなければならない場合もあります。

またおっぱいにキャベツや芋で作ったシップを貼ると効果があります。冷えピタはお手軽なのでお勧めです。

  • お風呂は入らずシャワーで軽めにする
  • 温かい物や水分を取り過ぎない
  • 高カロリー食の禁止
  • こまめに赤ちゃんに飲んでもらう
  • おっぱいをためないように搾る
  • 葛根湯を飲む
  • 冷えピタや野菜シップを貼る
  • パパに吸ってもらう(効果あります)

もし痛みがはげしい時や効果がない場合は母乳外来や助産院に行きましょう。乳腺炎は病院によって対処法が違いますので電話で確認してから行きましょう。






関連イメージ