子宮卵管造影(しきゅうらんかんぞうえい)

子宮卵管造影法とは、造影剤を子宮腔内に注入し、X線で撮影する検査です。子宮内部や卵管に異常がないかが分かります。

子宮卵管造影検査は子宮内膜が肥厚が少ない月経直後が適していて、多くの場合は生理が終わった頃に実施されます。造影剤には油性と水溶性があり、油性の場合は次の日に造影剤拡散(腹腔内)の検査のためもう1枚X線を撮影することが多いようです。

子宮卵管造影検査後の半年間(特に検査後3ヶ月)は、妊娠率があがることが確認されています。(ゴールデン期間)hysterosalpingography

*子宮卵管造影の体験談はこちら→

子宮卵管造影と関連した不妊用語

子宮腔 子宮内膜

子宮卵管造影と関連したコンテンツ

子宮卵管造影 子宮鏡検査 子宮内膜ポリープ