子宮奇形(しきゅうきけい)

子宮奇形とは、子宮の数々の奇形状態で必ずしも不妊の原因ではありません。重複子宮、双頚双角子宮、単頚双角子宮、単角子宮、双角子宮、中隔子宮、弓状子宮などがあります。

子宮奇形

子宮は左右のミュラー管が胎生8~15週くらいの間に癒合することで完成します。しかしこの過程で何かの異常が起こると子宮奇形が発生することがあります。

子宮奇形が着床障害などの不妊原因となることもありますが、そのことに加えて流早産の可能性が高くなることが問題視されています。

子宮奇形の手術では、軽度の場合では「シュトラスマン(Strassmann)手術」、高度な場合には「Jones&Jones手術」、また中隔子宮では「Tompkins手術」という方法が用いられています。

*イラスト(不妊治療ガイダンス第3版より引用)

子宮奇形と関連した不妊用語

子宮 中隔子宮 双角子宮 子宮腔 着床障害