卵管通水検査(らんかんつうすいけんさ)

卵管通水検査とは、子宮口からホルモン剤を交えた食塩水をカテーテルで送り込んで、水圧の変化等から卵管の通過性を検査する方法です。

卵管のつまり具合を知るの正確性は子宮卵管造影検査と比べると低いですが、この検査で簡単な癒着をとる効果が期待できます。

卵管通水検査は、X線設備が不要であることから小さなクリニックでも簡単に導入が出来る反面、細かい部分がわかりにくいという欠点があります。

子宮卵管造影体験談はこちら→

卵管通水検査と関連した不妊用語

子宮卵管造影検査 卵管通気検査 癒着 卵管障害 卵管鏡下卵管形成術

卵管通水検査と関連したコンテンツ

卵管障害(卵管性不妊) 今後の検査の流れ