精索静脈瘤

精索静脈瘤とは、卵巣(精索)に静脈瘤ができることです。内精索静脈の弁不全のため、腎静脈から内精索静脈へ血液が逆流してしまい、血管がうっ血して膨れ上がってしまう疾患です。

精索静脈瘤は男性不妊患者の2~4割程度と報告されており、古くから男性不妊原因として治療が行なわれています。精索精索静脈瘤は手術を行なうことで所見が改善される傾向がありますが、症例が変わらなかったという報告もあります。

精索静脈瘤と関連した不妊用語

テストステロン 精巣上体