スプレキュア点鼻液 (すぷれきゅあ)

スプレキュアとは、視床下部に働きかけることで脳下垂体ホルモンの分泌を抑制する点鼻薬です。似た薬にナサニールがあります。ナサニール、スプレキュアとは商品名を指し、これらの薬をまとめて「GnRHアゴニスト」と呼んでいます。

GnRHとは「ゴナドトロピン放出ホルモン」のことで、このホルモンが分泌されると、脳下垂体ホルモンのFSH(卵胞刺激ホルモン)、LH(黄体化ホルモン)が作用して、卵巣内の「卵」が成長して排卵します。

体外受精では全ての卵の成長をコントロールしたいので、卵が気まぐれに大きくなったり排卵したりしては困るのです。そこでスプレキュアを使うことで、下垂体ホルモンの分泌を抑制して人為的に卵を熟成させていくのです。

一般的な体外受精にはロング法とショート法がありますが、両者の違いはGnRHアゴニストの使用期間になります。ロング法では前周期の黄体期半ばから、ショート法では月経が開始されてからGnRHアゴニストを連続で使用します。

またスプレキュアには短期で使うことで、排卵を促す効果があります。これはスプレキュアの「フレアーアップ」というLHとFSHの急激な上昇を利用したもので、HCG注射の代用として体外受精以外の周期でも使用されることがあります。

スプレキュアの副作用は、頭痛や下腹部痛、不正出血などがあげられます。しかし副作用は一時的なことが多く、比較的使いやすい薬とされています。またスプレキュアを上手に点鼻できないこともありますがこれも「慣れ」が関係するようです。

スプレキュアは子宮内膜症や子宮筋腫の治療にも使われます。下垂体ホルモン、卵巣ホルモンの分泌を抑制することで、あたかも閉経したような状態を作るのです。(偽閉経療法)

スプレキュアと関連した不妊用語

視床下部 下垂体 ナサニール GnRHアゴニスGnRH FSH LH 卵巣 体外受精 フレアーアップhCG 子宮内膜症 子宮筋腫 偽閉経療法