便利チェック帳 基礎体温

精子

精子とは、男性のペニスから射精される、受精能力を持った液体のことです。妊娠には精子と卵子が1つになることが必要で、1つになったものを受精卵と呼びます。

一般的に男性のペニスから射精されるものを「精子」と呼ぶことが多いでしょう。しかし射精された粘度のある液体は「精液」であり、実は精子は精液中にわずかに1%しかありません。

精子は精巣内で毎日作られ、いつでの射精が出来るように蓄えられています。精子は毎日放出すると薄くなり、また溜めすぎると老化するとされています。一般的には3~5日で放出される精子が元気がいいようです。

よく「排卵日付近に毎日性交をしたほうがいいのか?、あるいは狙い撃ちしたほうがいいのか?」という質問がありますが、これは専門家の間でも賛否が分かれています。

排卵日が確実に特定できるのならば、狙い撃ちはかなりの効果があるでしょう。しかし実際には排卵日の特定は難しいものです。それは卵胞の大きさを測っている医師だって間違えることがあるくらいなのです。

いずれにせよ月経周期が不規則な人は、排卵日付近の性交の回数を増やすことをお勧めします。そして決して頭でっかちにならないでください。精子が薄くなるとか老化するとかは、わずかな違いしかありません。

なお文頭に「精子は射精される受精能力を持った液体」とありますが、厳密には射精された直後の精子は受精能力はありません。射精された精子は女性の膣内から卵子が待つ卵管膨大部(卵管の1番奥深くの広い部分)に到達する過程で「受精能力」を獲得します。

この現象を「Capasitation」といい、たくさんのライバルが脱落していく過酷なサバイバルの中で、その能力を獲得できるわけです。

精子→sperm

精子と関連した不妊用語

卵胞 受精能力受精卵 精巣 排卵 卵子