偽妊娠療法(ぎにんしんりょうほう)

偽妊娠療法とは、人工的に妊娠してる状態をつくり月経をなくす方法です。偽妊娠療法は主に子宮内膜症の治療として行なわれます。

妊娠中は生理が起こらないことが特徴ですが、「偽妊娠療法」ではそれと同じような状態を作りだします。子宮内膜症では毎月の月経がその症状を悪化させる1つの原因となっています。

そこでエストロゲンとプロゲステロンの混合剤(ピル)を飲み続けることで妊娠したような状態を作り出します。そうすることで生理痛、排便痛などの痛みを抑える効果を期待します。しかし偽妊娠療法は病巣の活動を抑制するもので、根治するものではありません。

また偽妊娠療法を長期にわたって治療を続けることで、副作用を伴うことがあります。そこで現在では「偽閉経療法」という別の方法が一般的な治療法です。偽閉経療法についてはこちら

偽妊娠療法と関連した不妊用語

子宮内膜症 エストロゲン プロゲステロン ドオルトン プラノバール