便利チェック帳 基礎体温

卵管膨大部(らんかんぼうだいぶ)

卵管膨大部

卵管膨大部とは、卵子と精子が受精する卵管の一番広い場所です。卵管の長さは約10センチで一番奥の部分に、卵管膨大部はあります。排卵時に卵巣から成熟した卵子が卵管采によって卵管膨大部に運ばれます。

イラストでは卵巣の横の手を広げたようなものが「卵管采」です。そしてすぐ隣が「卵管膨大部」となります。射精された精子は膣から子宮と上っていき、さらに卵管を通り「卵管膨大部」まで移動をします。待機していた精子がうまく卵子と出会うとことを受精といい、こんどは子宮(赤ちゃんが育つ場所)を目指して逆戻りを始めるのです。

卵管膨大部と関連した不妊用語

卵子 精子 受精 排卵 卵巣 卵管采 子宮