卵巣(らんそう)

卵巣とは、子宮の左右両側にある親指くらいの大きさの臓器です。赤ちゃんの卵「卵胞」が育つ場所です。卵巣から卵子が放出されることを「排卵」と言います。

女性は卵巣内に生まれたときから数百万個の卵を持っています。これを原始卵胞といい、思春期になると原始卵胞が成熟卵胞となり、さらには月経が起こるようになります。そして月に1個ずつ卵子が放出されます(排卵)。

卵巣から分泌される女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」があり、これらのホルモンがいつ妊娠してもいいように、子宮内膜を肥厚させ赤ちゃんが育つ環境を作り上げています。

卵巣では下垂体からの刺激により、この卵胞が常に排卵するために準備が行なわれているのです。不妊治療では、この卵巣内の卵胞の大きさをチェックする「超音波診断」が基本となります。

卵巣と関連した不妊用語

卵胞 排卵 卵子 原始卵胞 成熟卵胞エストロゲン プロゲステロン 子宮内膜 下垂体 超音波診断 女性ホルモン