ネックレスサイン

ネックレスサインとは、卵巣内に成熟できない卵胞が、数珠状(ネックレス)に並んで見えることです。PCO患者の超音波診断では以下の写真のように、卵巣内に多数の中小の卵胞が、真珠のネックレスのように繋がっているみたいに見えるのが特徴です。

PCO(多嚢胞性卵巣)とは、卵巣内に卵胞がたくさん存在するものの、その1つ1つは成長を止めてしまっているものが多く、また卵巣の表皮が硬く厚くなってしまい排卵障害となる疾患です。

PCOでも卵胞の散らばり方には種類があり、ネックレスサインを持つほど重度な排卵障害の可能性が高く、またOHSS(卵巣過剰刺激症候群)を引き起こしやすいと言われています。

ネックレスサイン

写真/多嚢胞性卵巣症候群の超音波診断像
不妊治療ガイダンス第3版から引用

ネックレスサインと関連した不妊用語

PCOS 卵巣 排卵障害 卵胞 超音波診断 OHSS