子宮腺筋症(しきゅうせんきんしょう)

子宮腺筋症とは、子宮内膜症の1種で、子宮内膜組織が子宮筋層(筋肉)の中に入り込んでしまう病気です。内性子宮内膜症と呼ばれることもあります。

子宮腺筋症の症状は、ひどい生理痛、過多月経、貧血などがあげられ、子宮筋腫と合併して発症することもあります。ひとたび子宮腺筋症が発症してしまうと、不妊原因となる受精卵の着床障害を引き起こすことがあり、治療や手術が必要になることも多いでしょう。

子宮腺筋症には、子宮筋層が部分的に大きくなる「局所型」と全体的にふくれる「びまん型」があります。子宮腺筋症の手術では病巣個所を切除する手術が行なわれますが、再発する可能性が高いことも知られています。

子宮腺筋症と関連した不妊用語

子宮内膜症 子宮筋腫 受精卵 着床障害