多胎妊娠(たたいにんしん)

多胎妊娠とは、2人以上の赤ちゃんを同時に妊娠することです。不妊治療で使われる「排卵誘発剤」には、多胎妊娠の確率を上げるという副作用があります。

経口のクロミフェン(クロミッドなど)を使用したときの多胎妊娠率は2~5%程度、HMG-HCGという強力な注射を使う方法では10~20%程度といわれています。

また体外受精で子宮内に移植する胚の数が多いほど着床率はあがりますが、多胎妊娠の可能性も増えることからET(移植)の数には制限があります。

多胎妊娠は妊娠中のトラブル(早産、未熟児、妊娠中毒症)も起きやすくなります。単胎妊娠(1人)、双胎(双子)、品胎(3つ子)という呼び方でも使われます。

多胎妊娠と関連した不妊用語

排卵誘発剤 クロミフェン クロミッド HMG-HCG 体外受精 子宮 ET 着床