便利チェック帳 基礎体温

抗精子抗体(こうせいしこうたい)

抗精子抗体とは、女性の体が精子にアレルギー反応を起こしてしまうことです。この抗体は精子の運動能力を落とし停止させてしまいます。抗精子抗体は受精の過程までが問題なので、人工的に受精させる体外受精(IVF)は治療効果があります。

抗精子抗体は、精子にアレルギー反応を起こして「自己抗体」を作り出してしまうものです。精子と抗体が結びつくと、精子の受精能力を低下させたり運動能力を阻害します。抗精子抗体は、主に「子宮頸管粘液」に発生しますが、子宮腔、卵管内、卵胞液内にも出現します。また特殊な例ですが抗精子抗体が始めから男性の体内に発生することもあります。

抗精子抗体検査は通常の血液検査と同じように採血をするだけです。保険適用外なので自費(5000~10000円程度)となり、また検査結果までに1~2週間かかることが多いようです。

抗精子抗体と関連した不妊用語

精子 受精 体外受精 子宮頸管粘液 子宮腔 卵胞